タバコとは

タバコ

タバコ(たばこ、Nicotiana tabacum)はナス科タバコ属の一年草の亜熱帯性植物。
葉の成分としてニコチンを含む。

分類

タバコ

タバコはナス科タバコ属 (Nicotiana) の一年草である。
タバコ属には約50の種が含まれるが、大規模に栽培されるものは N. tabacum と N. rustica の2種に限られる。
N. tabacum はニコチン含有量が高いため、商業的に価値があるのはこちらである。
N. rustica は寒さに強い。

栽培種として重要なのは強健性、葉の産出力、病気に対する抵抗性、細胞組織が持つ弾力性、香料との親和性である。
このため約100の品種に分かれる。
それらの品種を大別すると、火力乾燥を行い葉が黄色い状態で乾固させる黄色種、褐色になるまで空気乾燥を行うバーレー種、葉巻種およびオリエント種が主なものであり、その他、地域の喫煙文化と歴史的なかかわりを持つ地域固有品種も数多く、日本国内でこれらは在来種と呼ばれている。

日本ではブライトエロー、バージニア、コーカー、MC, つくばなどの黄色種と、バーレー21、たいへい、みちのくなどのバーレー種が栽培されている。
両切りタバコや刻みタバコの時代に主流を占めていた在来種は現在、熊本県を中心とする九州山地一帯、福島県、栃木県、茨城県、徳島県で、5品種が僅かに栽培される程度である。

黄色種はバージニア・ブレンドと呼ばれるタイプの製品で、タバコの味や香りの主体となるものである。
また、バーレー種は、アメリカン・ブレンドと呼ばれるタイプの製品で、香料を吸着保持してタバコのブランドイメージを作り出す重要な役割を担う。
その他、特殊な加工を施した原料が、弾力性や香り、味を調和させるために使われている。

日本でのタバコの製造は日本たばこ産業 (JT) のみが行っており、葉タバコの栽培はたばこ事業法の定めによって、JTと契約した農家だけが原料用として栽培することができ、契約農家には種子が無償で配付される。
また、たばこ事業法は原料として使用できないものを除き、農家が売り渡す葉タバコ全量の購入をJTに義務づけている。

なお、JTと栽培農家の契約では取引価格体系の違いによって、黄色種は第1黄色種から第4黄色種、バーレー種は第1バーレー種と第2バーレー種に区分されている。

生物的特徴

タバコの種子の形状は回転楕円体である。
質量は僅か50μg程。
即ち、約2万粒を集めてようやく1gとなる。
植物の種子が発芽するためには、適切な温度、湿度が必要である。
また種によっては太陽光が当たらなければならない。
タバコの種子は光を感知するため、発芽には太陽光が必要である。
発芽温度は25度である。
生育条件が適切である場合、種によって異なるが茎の高さ50cmから250cmまで成長する。
茎は太く最大5cmに達する。

葉は30枚から40枚が着生し、このうち、葉タバコとして採取するのは約6割である。
これは位置によってニコチンの含有量が異なるためである。
日本国内では葉を5種類に区別し、上から上葉・本葉・合葉・中葉・下葉と呼ぶ。
上葉は6%程度、下葉は1%程度のニコチンを含む。
葉の長さは20cmから60cm、幅は10から30cm程度である。
葉の表面には液を分泌する細胞があり、特有の臭気を帯びる。

タバコの花は茎の先端部分に群生する。
形状は漏斗に似ており、端が五裂する。
色は種類によって異なるが、栽培種では根元が白く、先端がピンク色のものが多い。
果実1つ当り3000粒程度の種子を含む。

茎は繊維質で、薪などの代わりとして炊事などに利用されてきたが、電気やガスの普及に伴い利用価値は無くなり、現在ではそのまま次期の肥料として畑に廃棄される。

なお、有毒なニコチン(毒物および劇物取締法を参照)を含むため、タバコ農家や近隣住民、野生生物に健康被害を及ぼすことが報告されている。
例として、乳牛の母乳の生産量低下、桑の衰弱によるカイコガの死滅に伴う養蚕業への被害などがある。
人間にも、特異体臭や呼吸困難などの被害が時折見受けられる。

熟女

▲Page Top

ホームページ 無料